スポンサードリンク

幼少期心理

トイレの入り方で子供の性格がわかる。育児相談@心理トリビア

自分の「なわばり」を守りたい男性は奥のトイレを選び、誰かが助けてくれるだろうと、女性は中央のトイレを選びます。トイレの選び方にも知らぬ間に考え方と性格が出るのです

「学校でトイレに入る時、どこ(個室)を選ぶの?」


ちょっと変に思われるかもしれませんが、機会があったら子供に聞いてみて。

●奥と答えた場合
自分の時間や場所を大切にするマイペース人間です。環境の変化になじめない所があるので、転校の際には注意が必要です。

●真ん中(あたり)と答えた場合
警戒心と適応能力のバランスがとれたノーマルタイプです

●入り口近くと答えた場合
警戒心が強いものの、新しい環境にもすばやく対応できる柔軟性を持っているタイプです。

ちなみに、日本で行った実験があります。その結果によると女性と男性では選び方が異なることが解りました。

男性の場合は一番奥を選ぶことが多く、女性の場合は中央付近のトイレを選ぶ人が多いとのことでした。

男性が一番奥を選ぶ理由は「なわばり」です。男性は女性よりも広いなわばりを持ちたがる傾向にあります。

一番奥を使うことで安心を得ようとするのです


育児相談@幼少期心理学のコーナーへ

幼少期心理

育児相談@一人っ子の育て方。心理学幼少期セラピー

ひとりっ子には問題行動が見られる場合があります
でも上手に育ててあげれば、積極的で人当たりが良く楽天的で、他人にも優しい性格の大人になってくれるはず


子供や若者の問題行動の増加がよく話題になっています。
その原因のひとつに「少子化」があるといわれています。

ひとりっ子にには社会性の発達が遅れたり、問題行動が見られる事があります。

しかし、すべては親の育て方です。

一人っ子の場合カイン・コンプレックス(親の愛情を奪い合う)とは無縁です。成人になるまで親の愛を一身に受けて育ちます。

その為、長男・長女にあらわれる「親和欲求」「ストレスに弱い」という面が強調されてしまいます。

要求をする前からすべて受け入れられる為、相手に何かを訴える能力を育ちにくいのです。
学校などの集団生活の場で「仲間として受け入れてほしい」という気持ちが希薄なのも特徴です。

最後に、一人っ子は悪いことばかりではありません。
親の愛情を一身に受けて育つひとりっこは「自己受容(自分の事を肯定的に受け止める)」や「自尊感情(自分は価値の有る人間だという考え)を持っています。

この面が強く出る一人っ子は積極的で人当たりが良く、しかも楽天的で他人にも優しい性格になるでしょう。



一人っ子は自己受容と自尊感情を伸ばして。


育児相談@幼少期心理学のコーナーへ

幼少期心理

落ち着きのない子供を叱るとうつ病になる危険がある。心理学@子育て

子供の落ち着きのなさは、あなたのしつけのせいでも知的水準が低いからでもありません。
正しい対応をしてあげれば、自然と社会に順応できます。



@学校の授業に注意を払えない。
A椅子に落ち着いて座っていられない。
B先生の指示に従えない。

上記の症状を見せる子供は多くいます。



その場合ADHDの疑いがあります。
ADHD(注意欠陥多動性障害)とは注意力の障害と多動・衝動性を特徴とする行動障害の事です。

原因はまだ不明ですが、脳の機能に障害が起き、集中力に欠け衝動を抑えられなくなっていると考えられます。

水銀をはじめとする有害ミネラルが脳への悪影響を及ぼしているという説もありますが、まだ証明はされていません。


2001年に厚生労働省が行った調査によるとADHDの疑いがある小学生は1000人あたり3・7人にのぼる事がわかりました。

また、女の子よりも、男の子のほうが4〜6倍多いそうです。

次の症状が少なくとも6ヶ月以上、学校や家庭で不適合を起こしている場合はADHDの可能性があります。ただし、素人目で判断せず、必ず専門医の診断を受けるようにして下さい。
@注意が持続できない
Aものをよくなくす
B注意力が散漫
C歯磨きなど、毎日の習慣を忘れる
D手足をそわそわ動かす
Eよく離席する
F走り回り、高いところへ登りたがる
Gじっとしていられない
Hしゃべりすぎ
I質問が終わらないうちにしゃべりだす
J順番をまてない
K他人にちょっかいを出したがる

よく勘違いされるのが、「しつけ」がなっていない・親の教育が悪いなどといわれる事。

ADHDはしつけや教育・知的水準とは関係ありません。

落ち着かない事に腹を立て、叱りつけてしまうと「うつ病」になる危険性があるといわれています。ADHDというものを理解して接してあげましょう。

ADHDは思春期を過ぎると自然に回復するといわれていますから。

幼少期心理

育児心理@長男・長女はストレスに弱く、末っ子は依存心が強い。

「総領の甚六」長男や長女にとっては腹立たしい言葉ですが、残念ながら的を射ている言葉です。

両親が優しすぎる為、長男・長女は控えめでおっとりした性格が多いのです。



実験によって、長男・長女はほかの弟妹に比べて親和欲求が高いことがわかっています。


ある調査では「引きこもり」になる人の80%が長男・長女だということが判明しています。


長男・長女はストレスに弱いのです。

しかし、本来であれば長男・長女はしっかりしなければならない立場です。それがなぜストレスに弱いのでしょう?



初めての子供はかわいいものです。
じいちゃん・ばあちゃんなんて初孫だ〜なんてメロメロです。


もっとも多くて6人もの大人がよってたかって
「かわいい!かわいい!」

と世話を焼く。

2人目が生まれるまで愛情独り占め。
なにくれとなく世話を焼いてもらって育った長男・長女が控えめに育つのは想像できます。

しかも、親が自分のそばにいることが当たり前として育つため、いつも誰かといたい親和欲求が強くなり、同時にストレスに弱くなってしまうのです。



2人目が生まれると長男・長女の時に学習した子育てがあるので
いわゆる手抜きができます。


かまってくれない時間、それは自由にふるまえる時間が多いということになります。

しかも常に長男や長女との戦いがあります。


これらの条件から、2人目の子供は競争心が強く、積極的で自由奔放。
幼いころから、戦いや放置を経験しているのでストレスに強くなります。


しかし、末っ子は例外です。

両親や兄弟に可愛がられて育つケースが多いため、依存心が強くわがままな性格になります。
年上しかいない環境で育つ為、いつまでも子供っぽさが残ります。あなた育児を楽しんでますか 知らない事を知る機会です。

幼少期心理

育児心理学@なぜ子供は制服の仕事に憧れるのか?

子供たちがパイロットや警察官に憧れるのも、私たちが交通誘導員の指示におとなしく従うのも理由は同じ。

私たちは制服に弱くできているのです。


幼稚園児や小学生に「将来何になりたい?」と聞くと

「パイロット」
「電車の運転士」
「警察官」
「看護士」
「宇宙飛行士」

と、だいたい同じような答えが返ってきませんか?


子供たちが選ぶ職業にはひとつの共通点があります。
そう、「制服」を着ているということです。



なぜ?


子供たちがあこがれを抱く制服を着た人は、その制服を着た集団が持つイメージでとらえるからです。




例えば、看護士

白衣から笑顔や優しさをイメージします。



例えば、警察官

悪者を退治する正義の味方です。


子供にとって、仕事の内容を特定しやすいために、制服の職業が口から出るのです。

その職業のイメージが良ければなおさらです。



子供だけではありません。
私たち大人も制服から心理的影響を受けています。

警備員やガードマンが警察官そっくりな制服を着ているのもその為です。





経験ありませんか?

夜中に職務質問。
道路交通法違反で捕まった。


こういった経験が甦り、指示に従ってしまうのです。

これを「条件付けによる学習の効果」といいます。

あなた育児を楽しんでますか 知らない事を知る機会です。

幼少期心理

子供の自我崩壊。人間不信

『矛盾する事を言っていると、子供は自我が崩壊する。』

    幼少期心理学育児講座

子供はあなたに愛されようと必至に努力しています。
あなたが矛盾したことを言うとどうしたらいいかわからなくなり人間不信に陥り、やがて自我が崩壊します。

「太朗、こっちにおいで。だっこしてあげる」

積み木遊びをしていた太朗君は喜んで立ち上がりました。

そのとき、ちょうど電話が鳴りました。あなたの友人からでした。

近づいてきた太朗君に対して、つい。。。。

「後にして」

それを聞いた太朗君はダブル・バインド状況に陥ってしまいました。

ダブル・バインドとは、二重拘束ともいい、矛盾した2つのメッセージを同時に送られることを言います。


「おいで」といわれ「後にして」
太朗君は拒絶されどうしたらいいかわからなくなります。


ダブル・バインド理論を唱えた人類学者ベイトソンは、親からダブル・バインドメッセージを受けた子供は人間関係に不信感をもち、最悪の場合、自我が崩壊してしまうこともあると警告しています。


ダブル・バインドの状況に置かれた人は、

@しゃべらなくなる
A相手の話を聞かなくなる
Bその場から逃げ出す

という3つの反応を示します。


もし、お子さんがそんな反応を示したら、自分の言っていることに矛盾が生じていないか確かめてみてください。

幼少期心理

母親の事を認めたくないと摂食障害になる

思春期の無理なダイエットは百害あって一利なし。
中でもキケンなのは過食や拒食を交互に繰り返す摂食障害。

摂食障害になる原因は、思わぬところに隠れています。




はためには十分痩せているように見えるのですが、それでもまだ、満足できず、無理なダイエットに挑戦する女性が後を絶ちません。

無理なダイエットの弊害は、それこそ枚挙にいとまがありません。



たとえば、摂食障害もその一つです。

摂食障害は拒食症(神経性無食欲症)と、過食症(神経性過食症)に分かれます。


この2つは正反対に見えますが、拒食と過食を交互に繰り返すことがあります。

摂食障害の原因はいくつもありますが、その一つとして挙げられるのが、母親との関係です。



母親の事を認められないと考えていると、母親(大人の女性)のようになりたくないという気持ちが働き、肉体的な成長を拒むのです。


また自分の食欲をコントロールする事が、価値のあることだと勘違いしている場合もあります。

性格面では几帳面で強迫傾向が強い人も摂食障害に陥り安いです。




安易に考えていると取り返しのつかないことにもなりかねませんから、娘さんのダイエットが目に余るようでしたら、思春期外来や心療内科で治療を受けるようにしてください。


幼少期心理

『育児相談 子供が隠してる事を知りたい時の技』





育児で困った時、子供が触れて欲しくないことは「コンプレックス指標」で探り出せる。

子供が隠している事を知りたい時のとっておきの技が、「コンプレックス指標」の確認です。

知ったからといって悪用は厳禁です。






子供が一人で悩んでいます。


あなたは何と言います?


「どうしたの?」と聞いても理由を言ってはくれません。


理由がわからないから、親としては心配が募るばかりです。




そんな時こそ、コンプレックス指標の長さを確かめて、何を隠しているのか探り出してみては如何でしょうか?






コンプレックス指標」とは質問に対して答えが返ってくるまでの「間」です。


人は話題にしたくないこと、避けたいと思っている事に触れられると、答えるまでの間が長くなります。



結果:この間が長くなればなるほど、避けたい話題という事になります。





話題を避けたい時のサインとしては間が空くほかにも、


1.まったく見当違いの返事をする。

2.苦笑いを浮かべる。

3.笑ってごまかす。

4.聞こえないふりをする

5.相手の言葉をオウム返しにする。


などがあります。




大切なのは、もしこのコンプレックス指標で子供が隠したいと思っている事が分かったとしても・・




「わかった!**なんだ」


って言わない事 (>Д<)ゝ




知られたくないから、言わないって事をわかってあげましょう。





幼少期心理

『育児相談 テクノストレスが融通の利かない子供を育てる』





人の気持ちはイエスとノーだけで分けられるものではありません。

あいまいな所があるからこそ、人の温度を感じることができます。

アメリカのビジネスマンはビジネスで迫られる決断を即座にイエス・ノーで答えますが、それを子供たちにも押し付けますか?

これからの教育上必要なパソコン。

しかし、これに順応すると、子供たちはあいまいさが理解できなくなります。


教授:「レポートは今週中に提出するように」

学生:「教授、今週中というのは土曜日のことですか、それとも金曜日のことでしょうか?」

教授:「土曜日は休みだから金曜だね」

学生:「金曜の何時までですか?夜中の12時前ならいいんでしょうか」

教授:「それはちょっと・・・。常識的な時間にしてください」

学生:「常識的な時間って・・・。」

   「教授!常識的な時間とは、一体何時・何分・何秒から何時・何分・何秒の時間のことをいうのか、この書類に明記し、署名捺印して、今日の15時35分57秒までに提出してください。」




教授としては、最悪月曜日の朝、研究室のポストに投げ込んであればいいやと
ややあいまいな気持ちで「今週中」という言葉を使ったのですが

白黒はっきりつけなくては(正確な日時を確かめないと)気がすまない学生が少なくありません。


一般的にデキる人間は明確に示唆行動し、成果をあげます。だから上記でもいいではないかと、個人的には思いますが。。。

心理学としてみると、彼らは「コンピューター過剰適応型」のテクノストレスに晒されているかもしれません。


つまり、コンピューターがはじき出す、イエス・ノーという2進法的発想に接しすぎると、その状況に不自然な形で適応してしまう、これが「コンピューター過剰適応型」テクノストレスです。


コンピューターにグレーゾーンはありません。

文字1つ打ち間違っても、理解できず再入力を求めてきます。


しかし、人の会話・コミュニケーションは、極端にいえば、ほぼグレーゾーンです。


2進法に同化してしまうと

そのあいまいな会話を無価値なもの、煩わしいものと感じてしまいます。


これからの時代、パソコンは教育上にも必須になっています。

ですが、ものには限度があることを知り、「たまには外で遊びなさい」とパソコンの前にいるわが子に声をかけてあげてください。

幼少期心理

『育児相談 少年野球のポジションどりで、子供の性格を知る』





あなたの子供は少年野球に入っていますか?

もし、入っているとしたら性格を知る絶好のチャンスです。

子供の性格は、どのポジションを希望するかで大体分かります。



最近はワールドカップもあるせいか、サッカーに押され気味のようですが、それでもまだ少年野球は子供たちの人気ナンバー・ワンだそうです。

少年野球をやらせてあげている保護者の方も多いと思いますが、彼らがどのポジションを目指しているかで、その性格をおおよそ知ることが出来ます。



●ピッチャーの場合

自信家で目立ちたがり、お山の大将になりたいタイプ。

チームのキャプテンになりたいという気持ちは強いのですが、そのわりに責任感がありません(*∠_*) 

わがままな所があるので、そこを助長しないように注意しましょう。


●キャッチャーの場合

縁の下の力持ちタイプ。

他人には評価されなくとも、高い自己満足度と自己肯定度をもっています。

生徒会長よりも、それを陰で支える書記や副会長に向いているタイプです。


●内野手の場合(ファースト、セカンド、サード)

攻守の要となる内野手は、注目を浴びたいタイプ。

ミスをしてもめげない気丈さをもっています。

悪く言えば、出しゃばり、独りよがりなことをすることがあります。

その辺を気付いた時、注意してあげれたらいいですね。


●バッター(外野手)の場合

ヤンキースの松井選手のように守備よりもバッティングで活躍が目立つ外野手
をやりたい。

派手好きで、活動的なタイプ。

うまく調子に乗せれれば、親が驚くほどの凄い力を発揮します!

が・・・残念ながら長続きしません。

短気で、地道に努力することを嫌うタイプの子が多いです。

努力の大切さを教える事が大切です。



野球やサッカーのように集団で闘うスポーツを好む子供は、秩序や上下関係を重視するタイプが多いようです。


集団で行動することから「親和欲求(人と一緒にいたい)」の強い子供ともいえます。


タイマン(1対1)で闘うスポーツを好む子供は感情をストレートに出すタイプです。


『道』のつく格闘技をやらせると、成長過程で道を大きく外さないと一般的には言われています。

空手道、柔道、剣道、合気道、etc。。。


幼少期心理

『育児相談 楽しそうに話を聞いてあげないと、子供は話下手になる 育児相談編』





子供の話をじっくり聞いてあげていますか?

子供の話にうなずいたり、笑ったりしてあげていますか?

そうしていなければ、あなたの子供は話下手になってしまいます。




「ねえねえ、聞いて」

子供がこう言って来た時、あなたはどう接しますか?

「今、忙しいからあっち行って!」

忙しいと、いけないとわかっていても邪険にしていませんか?



しかし、家の中ではあなたしか話し相手になってくれる人がいません。。。

嫌な思いが続けば、しだいに会話に対して臆病になり、恐れすら感じるようになってしまいます。



これを「マイナスの条件付け」といいます。



条件付けといえば「パブロフの犬」。アメリカの心理学者ジョン・ワトソンによれば

人間の複雑な感情も、条件付けによって説明できると考え


赤ちゃんに白いウサギを見せる度に、大きな音を立て泣かせる

という実験をしました。(↑虐待かよ!って感じですが。。。)


結果は

赤ちゃんは、白いウサギが近づいてくるだけで泣くようになった。。。


これと同じことです。


会話を拒絶された子供は

「会話=怒られる=怖い」と条件付けしてしまいます。


精神的なふくよかさと、コミュニケーションをうまくとれる大人になって欲しいと願うなら


たわいのない話でもいいから・・

興味がない話でもいいから・・・


笑ってあげましょう。

話に興味を持ってあげましょう。


それが、子供を大きくさせます。

幼少期心理

『育児相談 鏡を見ないと無気力・無関心な人間になってしまう 心理学セラピー講座』





年中、鏡を見ている子供は、まわりの目を気にしている証拠。

しかし、それは決して悪いことではありません。

鏡を見ないと無気力になり、容姿に構わなくなってしまいます。



先日、『ちょい悪オヤジの心構え』で、鏡を取り上げましたので、幼少期での鏡の心理を書き込みします。


ホームや電車の中、そして授業中。

しょっちゅう鏡を覗き込む子供たちがいます。


心理学的にみると、鏡を見る回数はその人の「公的自己意識」の高さに比例していることが分かっています。

「公的自己意識」とは、自分がまわりからどう思われているか、気にすることです。


また、「公的自己意識」の強さはその人の魅力に比例すると言われています。



アメリカの大学で、廊下に大きな鏡を設置し、その前を通る学生の反応を観察する実験が行われました。

結果は、まわりから魅力的と思われている学生ほど鏡を見る回数が多かったとのことです。


これは「公的自己意識」の強い人は、どうすれば自分が魅力的に見えるかを熱心に研究しているからだと考えられます。

その人の魅力は努力の成果だったのです。



反対に、鏡を見ないでいると、無気力になり、自分の容姿や周りのことにも無関心になっていきます。

子供・あるいは自分を魅力的に育てたいなら、大いに鏡を見るよう勧めましょう。




だだし、場所をわきまえて行動しましょう。

幼少期心理

『育児相談 児童虐待の傷跡は、次の世代にまで受け継がれてしまう』







虐待を受けた子供は、無意識のうちにまた子供を虐待します。

悲劇の連鎖方程式を止めるのは、親の忍耐と愛情です。

子供に負の遺産を残さないように注意が必要です。



近年、幼児虐待に関するニュースをよく目にするようになりました。

暴力的な両親かの手から救い出され、施設に保護される子供の数は年々増加の一途を辿っています。


しかし、保護されたからといって安心する訳にはいきません。

親から虐待を受けた経験を持つ子供たちは心に大きな傷を負い、歪んだ人間関係をを持つことがあるからです。


家の中で接する唯一の相手から虐待を受けた子供は、成人してからも自分を傷つける人を愛しがちな傾向にあります。

傷つけられたことしかない為、そのような相手に安心感を抱いてしまうのです。


他にも幼児虐待を受けた人たちは、自殺願望、過食、対人恐怖症などに悩まされることがわかっています。


しかし、最も深刻なのは、幼児虐待を受けた人たちの中には無意識のうちに自分が受けたのと同じような接し方を子供にしてしまう人が多いということです。

つまり自分がされたように、自分の子供も虐待してしまうのです。


このように、幼児虐待は無限の連鎖を生み出すという事を、知っていてください。

幼少期心理

『育児相談 高層マンション Part2』

東京大学医学部が行ったアンケート調査をイギリスでも同様に行われていました。

1970年代です。

その結果は

マンションの上層階に住んでいる母子は心身症になりやすいといった傾向が判明しました。


イギリス政府はこの調査結果を受け止め、公盈の公衆住宅の建設をストップ!

2人以上子供がいる家族には庭のある家を斡旋したそうです。



高層マンションは大人にすら、微妙な心理的影響を与えます。

10回以上の高層階を選ぶ人は、上昇志向が高く周りの人を見下す傾向があるようです。

また、隣人との付き合いを避けたがるという特徴も指摘されています。



高層階に住んでいると無意識レベルでストレスが溜まっていきます。

引越しをしてから、イライラしてしまったり、情緒不安定になった人は多いはずです。


設備が素晴らしく・夜景が美しい高層マンションですが、人に優しいとは言い切れません



幼少期心理

『育児相談 高層マンションに住む』





高層階に住んでいると、子供は自立が遅くなる』

都会のド真ん中に次々と完成する高層マンション。

ステータスは手に入りますが、失うモノも少なくありません。

特に子供がいる場合、お勧めできません。



最近、あちこちに20階を超えるマンションが建つようになりました。

こんな超高層マンション。

経済的な豊かさを感じさせるステータスシンボルむかっ(怒り)として人気沸騰!!


ただ、ちょっと待って下さい。  (σ`(Å)´)σ

独身であれば構いません。大いに活用し、オネーチャンを囲ってください。



子持ちパパさんへ

6階以上の高層階に住む子供たちは、低層階(5階以下)に住む子供たちよりも自立が遅いというデータがあります。

        ↓

東京大学医学部が、高層マンションに住む6歳以下の子供たちを対象にアンケート調査を行いました。


結果


自分で洋服を着ることが出来ると答えた子供の割合

低層階・・・79%

高層階・・・48%


靴を自分で履くことが出来ると答えた子供の割合

低層階・・・82%

高層階・・・48%


調査項目は11項目でした。


そのすべての項目で高層階に住む子供たちは、低層階に住む子供たちより、ポイントは低いといった結果です。


これは、高層マンションに住む子供ほど外出する機会が少なく、親の干渉を受けやすい為ではないかと考えられています。


幼少期心理

『育児相談 ヘビースモーカー 続き』

前回の続きです。


生後18ヶ月前後は

乳児は母親から乳を与えられ、乳首を吸うという行為を通して

食欲・心地よさ・安心感

を満たします。


しかし、常に吸える訳ではないので、乳首の代わりに「おしゃぶり」や様々なモノを口に運ぶという行為で欲求不満を解消しているのです。


乳離れが、早すぎたり・遅すぎたりした場合「口唇期に固着」となり

成人しても唇に強い愛情を感じるようになるのです。


簡単にいえば、唇に触れるものを手放すことが出来ない。

ということです。

喫煙に限ったことではありません。


「私、タバコすわねーし」

なーんて


人によっては

アルコール(瓶を口につける)

指や爪

はたまた、女性の唇や乳首そのもの(〃▽〃)キャー♪

といった場合があります。


禁煙した人

「何か口寂しい」

って言ったことありますよね?


えっ、無い?ガ━━━━━━(゚д゚lll)━━━━━━ン

いや、あるはずです。


聞こえます

あなたの声が

アメ玉しゃぶって気を紛らわせている声が


残念

タバコもアメ玉も赤ちゃんの頃に口に入れてもらっていた「おしゃぶり」と同じなのです。






もし、あなたの恋人(特に男性)が、

あなたの乳首や唇にキスをするのが大好きな人だったら・・・。

それは固着している証拠です。


そんな彼氏は、あなたに対して母性を強く投影してます。

つまり、ズバリ言っちゃうと、彼氏にとってあなたは母親なのです。

幼少期心理

『育児:相談 ヘビースモーカー』

乳離れに失敗すると、人は「口唇期」に固着します。

大人になってからからも唇に触れるものを手放すことができず

ついついたばこを口に運んでしまうのです。(-ω-#)y-~~~~ごにょごにょ



「意思が弱いからやめられないんだ」

「ニコチンが足らねーんだよう」


禁煙に失敗しているベビースモーカーは色々言い訳します。

しかし、本当にそれだけなんでしょうか?


心理学では、こんな見解もあります。


赤ちゃんの頃のおしゃぶりが忘れられない・・・。

(〃▽〃)キャー♪



これを精神分析学用語でいえば、

「口唇期に固着している」  (゚ν゚)ニホンゴムズカスィー

といいます。

固着とは、心幼少期の発達段階において学習されるべき体験が不十分な場合
いつまでも、その段階に踏みとどまる事をいいます。


「口唇期」とは心理学者のフロイトが、乳児が唇に快感を得ると考えた生後18ヶ月前後までの時期を差します。



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。