心理テスト@実はこう思っていた他人の性格と心理解析 > 幼少期心理 > 落ち着きのない子供を叱るとうつ病になる危険がある。心理学@子育て

スポンサードリンク

幼少期心理

落ち着きのない子供を叱るとうつ病になる危険がある。心理学@子育て

子供の落ち着きのなさは、あなたのしつけのせいでも知的水準が低いからでもありません。
正しい対応をしてあげれば、自然と社会に順応できます。



@学校の授業に注意を払えない。
A椅子に落ち着いて座っていられない。
B先生の指示に従えない。

上記の症状を見せる子供は多くいます。



その場合ADHDの疑いがあります。
ADHD(注意欠陥多動性障害)とは注意力の障害と多動・衝動性を特徴とする行動障害の事です。

原因はまだ不明ですが、脳の機能に障害が起き、集中力に欠け衝動を抑えられなくなっていると考えられます。

水銀をはじめとする有害ミネラルが脳への悪影響を及ぼしているという説もありますが、まだ証明はされていません。


2001年に厚生労働省が行った調査によるとADHDの疑いがある小学生は1000人あたり3・7人にのぼる事がわかりました。

また、女の子よりも、男の子のほうが4〜6倍多いそうです。

次の症状が少なくとも6ヶ月以上、学校や家庭で不適合を起こしている場合はADHDの可能性があります。ただし、素人目で判断せず、必ず専門医の診断を受けるようにして下さい。
@注意が持続できない
Aものをよくなくす
B注意力が散漫
C歯磨きなど、毎日の習慣を忘れる
D手足をそわそわ動かす
Eよく離席する
F走り回り、高いところへ登りたがる
Gじっとしていられない
Hしゃべりすぎ
I質問が終わらないうちにしゃべりだす
J順番をまてない
K他人にちょっかいを出したがる

よく勘違いされるのが、「しつけ」がなっていない・親の教育が悪いなどといわれる事。

ADHDはしつけや教育・知的水準とは関係ありません。

落ち着かない事に腹を立て、叱りつけてしまうと「うつ病」になる危険性があるといわれています。ADHDというものを理解して接してあげましょう。

ADHDは思春期を過ぎると自然に回復するといわれていますから。
スポンサードリンク

<<育児心理@長男・長女はストレスに弱く、末っ子は依存心が強い。 | 心理テスト@実はこう思っていた他人の性格と心理解析トップへ | 育児相談@一人っ子の育て方。心理学幼少期セラピー>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。