心理テスト@実はこう思っていた他人の性格と心理解析 > 幼少期心理 > 育児心理@長男・長女はストレスに弱く、末っ子は依存心が強い。

スポンサードリンク

幼少期心理

育児心理@長男・長女はストレスに弱く、末っ子は依存心が強い。

「総領の甚六」長男や長女にとっては腹立たしい言葉ですが、残念ながら的を射ている言葉です。

両親が優しすぎる為、長男・長女は控えめでおっとりした性格が多いのです。



実験によって、長男・長女はほかの弟妹に比べて親和欲求が高いことがわかっています。


ある調査では「引きこもり」になる人の80%が長男・長女だということが判明しています。


長男・長女はストレスに弱いのです。

しかし、本来であれば長男・長女はしっかりしなければならない立場です。それがなぜストレスに弱いのでしょう?



初めての子供はかわいいものです。
じいちゃん・ばあちゃんなんて初孫だ〜なんてメロメロです。


もっとも多くて6人もの大人がよってたかって
「かわいい!かわいい!」

と世話を焼く。

2人目が生まれるまで愛情独り占め。
なにくれとなく世話を焼いてもらって育った長男・長女が控えめに育つのは想像できます。

しかも、親が自分のそばにいることが当たり前として育つため、いつも誰かといたい親和欲求が強くなり、同時にストレスに弱くなってしまうのです。



2人目が生まれると長男・長女の時に学習した子育てがあるので
いわゆる手抜きができます。


かまってくれない時間、それは自由にふるまえる時間が多いということになります。

しかも常に長男や長女との戦いがあります。


これらの条件から、2人目の子供は競争心が強く、積極的で自由奔放。
幼いころから、戦いや放置を経験しているのでストレスに強くなります。


しかし、末っ子は例外です。

両親や兄弟に可愛がられて育つケースが多いため、依存心が強くわがままな性格になります。
年上しかいない環境で育つ為、いつまでも子供っぽさが残ります。あなた育児を楽しんでますか 知らない事を知る機会です。
スポンサードリンク

<<育児心理学@なぜ子供は制服の仕事に憧れるのか? | 心理テスト@実はこう思っていた他人の性格と心理解析トップへ | 落ち着きのない子供を叱るとうつ病になる危険がある。心理学@子育て>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。