心理テスト@実はこう思っていた他人の性格と心理解析 > 幼少期心理 > 母親の事を認めたくないと摂食障害になる

幼少期心理

母親の事を認めたくないと摂食障害になる

思春期の無理なダイエットは百害あって一利なし。
中でもキケンなのは過食や拒食を交互に繰り返す摂食障害。

摂食障害になる原因は、思わぬところに隠れています。




はためには十分痩せているように見えるのですが、それでもまだ、満足できず、無理なダイエットに挑戦する女性が後を絶ちません。

無理なダイエットの弊害は、それこそ枚挙にいとまがありません。



たとえば、摂食障害もその一つです。

摂食障害は拒食症(神経性無食欲症)と、過食症(神経性過食症)に分かれます。


この2つは正反対に見えますが、拒食と過食を交互に繰り返すことがあります。

摂食障害の原因はいくつもありますが、その一つとして挙げられるのが、母親との関係です。



母親の事を認められないと考えていると、母親(大人の女性)のようになりたくないという気持ちが働き、肉体的な成長を拒むのです。


また自分の食欲をコントロールする事が、価値のあることだと勘違いしている場合もあります。

性格面では几帳面で強迫傾向が強い人も摂食障害に陥り安いです。




安易に考えていると取り返しのつかないことにもなりかねませんから、娘さんのダイエットが目に余るようでしたら、思春期外来や心療内科で治療を受けるようにしてください。


<<アフィリエイトの極意を聞きました。 | 心理テスト@実はこう思っていた他人の性格と心理解析トップへ | 子供の自我崩壊。人間不信>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

  • おっ!1ヶ月半で−5s!!・・・小遣いまで稼げた〜♪
  • 自分がいい思いするほど稼げる仕事ってあったんだなぁ〜♪ 自分にできるわけ無いって思ってたけど、このたった数万円がこんなに うれしいなんて〜♪ しかもナイスバディまで手に入っちゃった♪♪♪
  • 2006-07-30 16:07
  • 自宅de開業

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。