心理テスト@実はこう思っていた他人の性格と心理解析 > 幼少期心理 > 『育児相談 子供が隠してる事を知りたい時の技』

スポンサードリンク

幼少期心理

『育児相談 子供が隠してる事を知りたい時の技』





育児で困った時、子供が触れて欲しくないことは「コンプレックス指標」で探り出せる。

子供が隠している事を知りたい時のとっておきの技が、「コンプレックス指標」の確認です。

知ったからといって悪用は厳禁です。






子供が一人で悩んでいます。


あなたは何と言います?


「どうしたの?」と聞いても理由を言ってはくれません。


理由がわからないから、親としては心配が募るばかりです。




そんな時こそ、コンプレックス指標の長さを確かめて、何を隠しているのか探り出してみては如何でしょうか?






コンプレックス指標」とは質問に対して答えが返ってくるまでの「間」です。


人は話題にしたくないこと、避けたいと思っている事に触れられると、答えるまでの間が長くなります。



結果:この間が長くなればなるほど、避けたい話題という事になります。





話題を避けたい時のサインとしては間が空くほかにも、


1.まったく見当違いの返事をする。

2.苦笑いを浮かべる。

3.笑ってごまかす。

4.聞こえないふりをする

5.相手の言葉をオウム返しにする。


などがあります。




大切なのは、もしこのコンプレックス指標で子供が隠したいと思っている事が分かったとしても・・




「わかった!**なんだ」


って言わない事 (>Д<)ゝ




知られたくないから、言わないって事をわかってあげましょう。





スポンサードリンク

<<『ネットビジネスをする上で必要不可欠なツール』 | 心理テスト@実はこう思っていた他人の性格と心理解析トップへ | 『恋愛相談:おねだりは食事をしながらが効果的』>>

この記事へのコメント

  • ヨシ
  • 2006年07月09日 21:18
  • 相互リンクありがとうございま〜すm(__)m
    ランキングぽちっておきました!
    これからもヨロシクです!
    また寄らせてもらいますので
    よかったらこっちにも遊びにきてくださいね〜
    ではマタm(__)m

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。