心理テスト@実はこう思っていた他人の性格と心理解析 > 恋愛心理 > 『恋愛相談 デート商法・出会い系サイトで犯罪が起きやすい理由』

恋愛心理

『恋愛相談 デート商法・出会い系サイトで犯罪が起きやすい理由』





短い文面のメールから相手の感情を掴み取るのは至難の業。

だからこそ、自分の都合のいいように解釈してしまいます。

誤解が誤解を呼び、やがて取り返しのつかない事態に発展することに・・・






2003年中に起きた出会い系サイト絡みの事件のうち、殺人や強盗など重要犯罪は137件。

その被害者の90%は女性です。




人は表情やしぐさを加味して、相手の言っている事を総合的に判断します。

顔の見えない電話でも声のトーンである程度相手の気持ちを掴むことが出来ます。



声だけの電話で、「何で怒ってるの?」って聞いた事ないですか?

でも、実はただ寝起きだったり、調子が悪かったりって事ないですか?



声が聞こえる電話すらそんな状態なのに、メールの場合なんて相手の感情の起伏を掴むヒントはほとんどありません。


その為、メール受信者はあいまいな部分を自分の都合のいい様に解釈する傾向にあります。




これを「妄想性認知」といいます。



これが高じてしまうと、メールの相手は


「自分を愛してくれてるに違いない」

「自分を理解してくれてるに違いない」


と思い込んでしまうのです。




これで、実際にメールで親しくなったメル友に会ったとします。

(様子が違う)

(何か迷惑そう・・・)


そのあまりのギャップに驚き、同時に怒りがフツフツとこみ上げてきます。

それが時には殺人事件にまで発展してしまうと考えています。





「今、キミの家のドアの前にいるよ(〃▽〃)」

なーんてメールが来ないように、十分お気を付け下さい。




<<『恋愛相談 恋人が急に映画に誘うようになったら心変わりかもしれない』 | 心理テスト@実はこう思っていた他人の性格と心理解析トップへ | 『夢占い 食事の夢 夢判断』>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。