心理テスト@実はこう思っていた他人の性格と心理解析 > 幼少期心理 > 『育児相談 楽しそうに話を聞いてあげないと、子供は話下手になる 育児相談編』

幼少期心理

『育児相談 楽しそうに話を聞いてあげないと、子供は話下手になる 育児相談編』





子供の話をじっくり聞いてあげていますか?

子供の話にうなずいたり、笑ったりしてあげていますか?

そうしていなければ、あなたの子供は話下手になってしまいます。




「ねえねえ、聞いて」

子供がこう言って来た時、あなたはどう接しますか?

「今、忙しいからあっち行って!」

忙しいと、いけないとわかっていても邪険にしていませんか?



しかし、家の中ではあなたしか話し相手になってくれる人がいません。。。

嫌な思いが続けば、しだいに会話に対して臆病になり、恐れすら感じるようになってしまいます。



これを「マイナスの条件付け」といいます。



条件付けといえば「パブロフの犬」。アメリカの心理学者ジョン・ワトソンによれば

人間の複雑な感情も、条件付けによって説明できると考え


赤ちゃんに白いウサギを見せる度に、大きな音を立て泣かせる

という実験をしました。(↑虐待かよ!って感じですが。。。)


結果は

赤ちゃんは、白いウサギが近づいてくるだけで泣くようになった。。。


これと同じことです。


会話を拒絶された子供は

「会話=怒られる=怖い」と条件付けしてしまいます。


精神的なふくよかさと、コミュニケーションをうまくとれる大人になって欲しいと願うなら


たわいのない話でもいいから・・

興味がない話でもいいから・・・


笑ってあげましょう。

話に興味を持ってあげましょう。


それが、子供を大きくさせます。

<<『菅野一勢氏「失敗しようがない情報起業成功法」』 | 心理テスト@実はこう思っていた他人の性格と心理解析トップへ | 『ビジネス心理 あいまいな返事しかしない人は、自分の方が偉いと思っている 心理学@講座』>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。