心理テスト@実はこう思っていた他人の性格と心理解析 > 恋愛心理 > 『恋愛心理 スポーツマンに憧れるのは、勘違いのドキドキだった?』

スポンサードリンク

恋愛心理

『恋愛心理 スポーツマンに憧れるのは、勘違いのドキドキだった?』





サッカーのワールドカップ真っ只中ですね。
本日の日本戦、気になる所です。

そこで本日、ネタは「スポーツマン」
激しい運動をした時に、激しく打つ心臓の鼓動。

人はこの鼓動を胸の高鳴りと勘違いしてしまうのです。

それをうまく利用すれば、彼(本日はターゲットが男性の場合です)の気持ちをゲットできるかもです。



好きな男性のタイプは?と聞いて上位ランカーに必ずいる『スポーツマン』

確かに均整のとれた肉体を持つ男性は魅力的でしょう。。。が!

スポーツマンへの憧れは、勘違いなことも多いので気をつけましょう。


なぜ勘違いと言えるか?

その秘密は心臓のドキドキです。

好きな人と道でばったり出会った時って、心臓がドキドキと高鳴ることがあるりますよね。

スポーツをした時の高鳴りは生理的興奮で、好きな人と会った時の高鳴りは性的興奮で、その質はまったく違うものなんですが、

人間は生理的興奮を性的興奮と取り違える事が多々あります。


これを「錯誤帰属」、身近なもので「吊り橋効果」といいます。

「吊り橋効果」の由来は↓のような実験が有名です。


複数の男性が、橋を渡っている最中に一人の女性にアンケートを依頼されます。


用意されたものは

高さ70メートルの切り立った崖にかかる吊り橋と

浅い小川にかけられたコンクリート製の頑丈な橋です。


コンクリートの橋を渡った男性は、何も特徴的な行動を起こしませんでした。

吊り橋を渡った男性は、その女性に好意を持った人が多く、電話番号を聞くなど、積極的な行動をとった人も少なくありませんでした。

人は、心臓がドキドキするだけで恋してしまうのです。


ということは、ドキドキさせれば振り向いてもらえるって事?

その通り!あんたはエライ!!


デートはジェットコースターがやべぇ!って遊園地か、吊り橋があるハイキングコースでキマリ!


ただし、彼が高所恐怖症なら通用しません。。。。あしからず。

スポンサードリンク

<<『ビジネス心理 取引先の相手を名前で呼びかけるとビジネスはうまくいく ビジネス心理@講座』 | 心理テスト@実はこう思っていた他人の性格と心理解析トップへ | 『ビジネス心理 たった30日で人生を逆転させる、超〜具体的な情報起業成功法。』>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。