心理テスト@実はこう思っていた他人の性格と心理解析 > 幼少期心理 > 『育児相談 児童虐待の傷跡は、次の世代にまで受け継がれてしまう』

スポンサードリンク

幼少期心理

『育児相談 児童虐待の傷跡は、次の世代にまで受け継がれてしまう』







虐待を受けた子供は、無意識のうちにまた子供を虐待します。

悲劇の連鎖方程式を止めるのは、親の忍耐と愛情です。

子供に負の遺産を残さないように注意が必要です。



近年、幼児虐待に関するニュースをよく目にするようになりました。

暴力的な両親かの手から救い出され、施設に保護される子供の数は年々増加の一途を辿っています。


しかし、保護されたからといって安心する訳にはいきません。

親から虐待を受けた経験を持つ子供たちは心に大きな傷を負い、歪んだ人間関係をを持つことがあるからです。


家の中で接する唯一の相手から虐待を受けた子供は、成人してからも自分を傷つける人を愛しがちな傾向にあります。

傷つけられたことしかない為、そのような相手に安心感を抱いてしまうのです。


他にも幼児虐待を受けた人たちは、自殺願望、過食、対人恐怖症などに悩まされることがわかっています。


しかし、最も深刻なのは、幼児虐待を受けた人たちの中には無意識のうちに自分が受けたのと同じような接し方を子供にしてしまう人が多いということです。

つまり自分がされたように、自分の子供も虐待してしまうのです。


このように、幼児虐待は無限の連鎖を生み出すという事を、知っていてください。
スポンサードリンク

<<『ビジネス心理 たったの24時間であなたのネットでの収益を2倍にする方法』 | 心理テスト@実はこう思っていた他人の性格と心理解析トップへ | 『恋愛心理 ちょい悪オヤジの心構え 心理学セラピー講座』>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。